JBWA 上級認定講師会員への区分変更について

一般会員として入会 認定講師会員として入会 上級認定講師会員として区分変更
再入会 法人会員として入会
 

<上級認定講師会員 〜区分変更〜>

上級認定講師会員となるには、当協会認定講師会員として入会し6ヶ月以上経過しており、且つ理事在籍スクールもしくは本部認定講師在籍スクールにて■衛生管理士講習 ■指導者講習 の2講習を修了している事が条件となります。

【条件】
◆ 認定講師会員歴6ヶ月以上
◆ 衛生管理士講習(2時間)
◆ 指導者講習(3時間)

<上級認定講師会員のメリット>
当協会の指導者として活躍できます。
JBWA認定講師講習と衛生管理士講習の2講習をご自身のサロンにて開講できます。
また、上級認定講師資格取得後、1年の経験と生徒輩出2名以上の実績があれば本部認定講師資格試験を受験することが可能となり、ご自身のスキルアップも見込め、活躍の場も広がります。

 

「上級認定講師 区分変更申請書」はこちらからダウンロードしてください。(PDF)

「上級認定講師 区分変更申請書 書き方見本」はこちらからダウンロードしてください。(PDF)

 

上級認定講師への道

 

申し込みの流れ

1. @所定の書類(新規入会/区分変更申請書)に必要事項を記入し、A顔写真とB衛生管理士証のコピー
  C指導者講習修了証のコピーを添えて事務局まで郵送してください。
  ※お写真は運転免許証サイズ(3cm×2.4cm)

2. 会員区分変更料と年会費(差額分)、バッジ代を指定口座にお振込みください。
  <例>差額分年会費5,000円+区分変更申請料15,000円+バッジ代4,000円
  合計24,000円のお振込みとなります。

3. 受理後30日以内にJBWA上級認定行使IDカード、年会の証をお送りします。
  ※変更料お振込み日を「区分変更日」としています。

 
衛生管理士講習受講はこちら 公式サイトで探す 理事・本部サイトで探す
指導者講習受講はこちら 理事・本部サイトで探す
※指導者講習は理事及び本部認定講師在籍店でのみ受講が可能です
 

会員規程

第1条(目的)
この規約は日本ブラジリアンワックス協会(以下:「当協会」という)に入会する方(以下:「会員」という)について必要な事項を定める。

 

第2条(会員)
1.当協会の指定する手続きに基づき、会員は、協会の目的に賛同し、所定の手続きを経て加盟する。
2.会員とは、当協会の一般会員、認定講師会員、上級認定講師会員、本部認定講師会員、法人会員をいう。

 

第3条(入会)
1.一般会員として入会を希望する者は、所定の書類(新規入会/区分変更申請書)により、郵送にて入会をする。
2.認定講師会員として入会を希望する者は、自らが選んだ認定講師在籍店にて計16時間以上の学科及び実技指導を受け、認定講師試験にて合格した者のみ入会できるとする。
所定の書類(新規入会/区分変更申請書)により、郵送にて入会する。
3.上級認定講師会員になる為には、認定講師会員となってから6ヶ月以上が経過している。
 且つ本部認定講師資格者より
 1.指導者講習
 2.衛生管理士講習の2講習を受講することで、会員区分変更を行うことができ、上級認定講師会員となる。
4.上級認定講師会員への区分変更は、所定の書類(新規入会/区分変更申請書)により、
顔写真及び 1.指導者講習 2.衛生管理士講習の修了証のコピーを添えて郵送にて入会する。
5.本部認定講師会員になる為には、上級認定講師会員となってから1年以上が経過している。
 且つ、認定講師会員を2名以上の指導(輩出)実績が必要。
 それらの実績があれば、本部認定講師資格試験の受験資格が与えられ、1次試験、2次試験にクリアした者のみ会員区分変更を行うことができ、本部認定講師会員となる。
6.本部認定講師会員への区分変更は、合格後の特別講習・説明会にて行う。
7.法人会員として入会を希望する場合は、所定の書類(法人会員入会申込書・事業内容説明書・推薦状:理事1名以上の推薦)により、郵送にて入会審査申込みを行う。
8.法人会員としての正式登録は書類受理後、書類審査。理事会での認証を経て、正式入会(登録)となる。
9. 入会を希望する場合、所定の書類に必要事項を記入し、協会本部宛に郵送し提出すること。尚、提出は不着等のトラブルを防ぐため、書類が追跡できる郵送、宅配便のいずれかの方法とする。

 

第4条(会費)
1.会費は年会費制とし、原則として毎年3月1日〜3月31日の期間に更新し前納一括振込みとする。
2.入会金は、入会時に一括払いとする。
3. 一般会員・認定講師会員の入会金及び会費は、以下に定めるとおりとします。
 入会金22,000円 3月〜9月入会時 年会費15,000円
 10月〜2月入会時 年会費8,000円
4.上級認定講師会員の区分変更申請料及び会費、会員バッジは、以下に定めるとおりとします。
<上級認定講師会員>
 区分変更申請料15,000円 3月〜9月申請時 年会費20,000円
 10月〜2月申請時 年会費15,000円
 会員バッジ4,000円
5.本部認定講師会員の区分変更申請料及び会費、会員バッジは、以下に定めるとおりとします。
<本部認定講師会員>
 区分変更申請料15,000円 年会費60,000円
 会員バッジ5,000円

 

第5条(会員更新)
前項のとおり、毎年3月1日〜3月31日迄の期間に年会費の前納一括振込みと合わせて、協会HPの更新フォームに詳細を記入し送信を行うとする。規定の期日を1日経過しても年会費の納入がない場合、退会とみなします。
 ・毎年 3月1日〜3月31日の期間
 ・年会費 第4条(会費)を参照
 ・HPより更新フォームへの記載、送信

 

第6条(登録)
1.当協会の目的に賛同していることが条件とする。
 ・登録の諾否については協会本部が審査を行う。
 ・審査結果については、当該申請サロンに通知すると共に、理事会にも報告する。
2.下記に該当する方は入会、登録できません。
 ・風俗営業及び同等のサービスを提供している

 

第7条(認定講習)
当協会が認定する講習は下記の7講習とし、フォローアップ講習を除く6講習修了時には当協会認定修了証の発行を行う。この他、法人会員が行う製品におけるセミナー等についても推奨する。
 1.JBWA認定講師講習(コース)16時間/指定教材付/試験有/修了証発行 25万円+税
 2.衛生管理士講習2時間/修了証発行 2万円+税
 3.指導者講習3時間/修了証発行 6万円+税
 4.ハードワックス講習3時間/指定教材付/修了証発行 11万円+税
 5.メンズワックス講習4時間/指定教材付/修了証発行 16万円+税
 6.ノーズワックス講習1時間/指定教材付/修了証発行 3万円+税
 7.フォローアップ講習2時間/修了証発行 3万円+税

 

第8条(会員別認定講習)
第7条における7講習は会員区分により開講できるコースが異なる。
 1.上級認定講師会員は第7条項目1と2のスクール開講を認める。
 2.本部認定講師会員は第7条項目1〜7全てのスクール開講を認める。
 3.本部認定講師会員は協会が推奨及び認定するスクール以外、独自のスクール開講を行ってはならない。
  独自のスクール開講を行っていると判明した場合、第15条の規程により処分を行う。

 

第9条(同業他協会入会・運営)
当協会の会員は同業(ワックス脱毛)他協会の経営、運営等業務全般に携わる役職に就く場合は、当協会から退会しなければならない。(理事長・理事・監事・監査・顧問他)

 

第10条(会員譲渡の禁止)
会員として有する権利を第三者に譲渡若しくは使用させる行為はできない。

 

第11条(会員プロフィール変更の届出)
会員は住所、氏名(法人・団体の名称)や登録内容に変更が生じた場合、ただちに協会へ届け出なければならない。届出はHP会員専用ページ内の「会員登録住所変更」より詳細記載後送信する。

 

第12条(退会)
会員は、次の理由により会員資格を失う。
 1.会員が退会の意思を書面で提出したとき。
  2.毎年の更新月の期間内に更新しないとき。
 3.会員である本人が死亡したとき。

 

第13条(搬出金品の不返還)
すでに納入した入会金、申請料、会費及びその他の拠出金品は、理由の如何を問わず返還しない。

 

第14条(再入会)
第12条により資格を喪失した者が再入会を希望し、協会がそれを認めたときは、再入会が認められる。
 1. 所定の書類(再入会申込書)により、郵送にて再入会をする。
 2.再入会金として全ての会員区分で40,000円 年会費は第4条(会費)を参照。
 3.再入会の場合は、半期時期(10月〜2月)の手続きであっても通年会費がかかります。

 

第15条(退会勧告及び除名)
当協会は、会員が次の各号の1つに該当すると認めた場合、理事会の議決により退会勧告又は除名、当協会へのHP掲載を削除することができる。
 1. 当協会の名誉を著しく傷つける行為または会員としての品格を損なう行為があったと、当協会が認めた場合
 2.本規約又は、その他当協会が定める規約に違反した場合
 3.その他、当協会が会員として不適格と認める相当の事由が発生した場合

 
 

JBWA認定講師講習 開講規程

JBWA 認定講師講習実施規約

第1 条 目的
上級認定講師(以下、「講師」)は、協会趣旨および自主規制に基づき、ストリップワックス脱毛に関する知識、技術の専門教育を実施し、サロンワークに直結する健全な公衆衛生を実現できるワクサーの育成を目的とするため、JBWA 認定講師講習を開講する

 

第2 条 認定校制度
衛生管理士講習、指導者講習の2 講習を修了し、上級認定講師会員へ区分変更した会員が在籍するスクールはJBWA 認定校と定める

 

第3 条 受講時間と受講料
1. 受講時間は16 時間行うこと(試験時間含む)
2. 受講日数は4 日以内に修了すること
3. 受講料は全国一律270,000 円(税込)とする
4. 16 時間の受講時間では足りず補講を行う場合、120 分32,400 円(税込)とし、受講生から徴収する
5. 受講料の値引きなど行ってはならない

 

第4 条 指導
1. 本講習では、1 人の講師が一度に指導できる人数は2 名までとする
2. 16 時間の講習の中で、最低2 時間は学科指導に充てなければならない
3. スターターキット付属のカリキュラム表は講師が2 年以上保管し、本協会より指示があった場合は提出しなければならない
4. 使用する教材
 (1)講師は協会が指定するJBWA 認定講師講習スターターキットを購入し受講生へ渡すこと
 (2)協会指定のテキストを基に指導すること
 (3)実技で使用するワックス剤は協会推奨ワックス剤で行う
 (4)スターターキットの商材を使用して指導を行ってはならない
5. スクール設備・備品などについて
 (1)学科と実技を行う空間は壁やついたてなどで、隔てられていること
 (2)スクール内の照明、換気が十分行える環境であること
 (3)講習で使用する黒板、またはホワイトボードなどを有すること
 (4)1 回の授業を実施する際の、生徒数に応じた機器、商材などを備えること
 (5)同一建物内に居住とスクールスペースがある場合は、明確に区分されていること
6. 実技とモニター
 (1)実技はストリップワックスを用いたブラジリアンワックス脱毛とし、VIO 部位以外への指導を行ってはならない
 (2)実技モニターは女性のみとする
 (3)実技モニターは最低8 名以上行うこととし、上限はない
 (4)実技モニターからモニター料金を徴収する際の金額は自由とする
7. 学科試験
 (1)学科試験の実施は、2 時間以上の学科講習が完了していれば、いつ実施しても構わないとする
 (2)終了した試験問題用紙は、当日中に郵送する
 (3)終了した試験問題用紙の郵送方法は問わないが、郵送事故での紛失等の責任は講師にある
8. 再試験
 (1)再試験依頼は試験官が専用の用紙を用いて、FAX にて協会に依頼する
 (2)再試験用紙は10,800 円(税込)、事前振込もしくは代金引換での郵送となる
 (3)受講生から徴収する再試験料は15,000 円(税込)とする

 

第5 条 宣伝広告
1. スクールで作成、発行する印刷物(広告、ホームページなど)には、次の表示およびマーク(ロゴ)を使用することができる。
 (1)JBWA 認定校である旨の表示
 (2)JBWA 認定校のマーク( ロゴ) の使用
2. 受講料の値引き、または補講料金や時間をサービスするなどと宣伝してはならない

 

第6 条 認定校取消
1. 本規約に違反する行為を行った場合
2. 理事および他協会員、受講生からの苦情に対して、改善がない場合
3. 暴力団および関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者または、その構成員(以下総称、「反社会的勢力」)であると判明した場合
4. 自らの役員(取締役、執行役またはこれらに準ずる者)が反社会的勢力であると判明した場合

 

第7 条 その他
本規約は、講師の事前の承諾なく理事会の決議によって、必要に応じて内容の改定を行えるものとし、その時点から変更後の規約が適用されるものとする

 

(附則)本規約は2016 年5 月19 日より適用する

 

▲このページの上へ

China
 

Copyright © . JBWA(日本ブラジリアンワックス協会)All Rights Reserved.